冬 脇汗 原因

ただいま「デトランスα」は在庫切れとなってしまっているようです。アクセスしていただいたのに、申し訳ございません。

↓↓↓

販売再開しました!

デトランスαの詳細を見る

寒いのに汗かくって意味わかんなくね?

 

今となっては脇汗の悩みを解決できた私ですが、
それはそれは、昔は大いに悩まされました。

 

冬なのに汗ジミを作っていたり、服から湿ったニオイを発していたり…

 

 

私は男ということもあって、夏はまだ開き直れるんです。
(それでも恥ずかしかったですが…)

 

誰もが暑い季節だし、汗ジミができてても
「だって、暑いからしょーがねーじゃん」みたいに言えるんです。

 

 

でも、冬となると…
いくら男でもやっぱり恥ずかしいですよ(汗)

 

「寒いのに、なんで脇汗かいてんの?」
って、まわりは思いますから。

 

 

確かにおかしいですよね?
だって、寒いのに汗をかいているんです。

 

発汗というのは、人間の体が持っている体温調節機能。
体(脳)が暑いと感じると、汗を出して体温を下げるわけです。
(汗が蒸発するときに体温をうばってくれる)

 

でも昔の私は、「寒いよ!」って言ってるのに、
脇から汗がダラダラ出ていたわけです(笑)

 

なぜ寒い冬なのに脇汗をたくさんかくのか?
自分を見つめ直しながら、その原因を考えてみました。

 

緊張しやすい性格「精神性発汗」で脇汗ぐっしょり

 

私は昔から緊張しやすいというか、心配性な性格でした。

 

トップページの過去話にも書きましたが、
翌日のデートのことを考えただけで脇汗をかいていたほど。

 

その他にも、重要な仕事の前日やライヴ出演の前夜など、
当日のことを想像しただけで脇から汗がツーッと流れていました。

 

(※)バンドでギターを弾いています。
ライヴでも脇汗にはずいぶんと悩まされてきました。

 

また、想像だけでなく実際の行動でも同じ。
車の運転中や、初対面の人との会話中などは脇がグッショリでした。

 

 

特に、車の運転による脇汗はひどかったですね。

 

私は日常的に車を利用するので、運転は慣れているはずなんです。

 

でも、心のどこかで「事故ったらどうしよう」
「変な車に後ろをつかれたら嫌だな」とか思っているんでしょうね。

 

そのくせ、たまに電車なんか乗ったりすると、
これはこれで乗り慣れていないから妙に緊張するんです。

 

で、脇汗ドバーッみたいな(汗)

 

 

このような汗のかきかたを「精神性発汗」と呼ぶのですが、
私が冬なのに脇汗をかいていた原因はまさにこれでしょう。

 

気温がどうこうではなく、緊張感からの汗ですね。

 

 

もしかしたら、あなたも心当たりがありませんか?
緊張すると脇汗をかいてしまうことが。

 

そして、たとえ季節が冬でも、
家にいるときは脇の下がサラサラじゃないですか?

 

緊張感がほぐれ、
自分の部屋でリラックスしている状態だと脇汗をかかない。

 

だとしたら、まさに私と同じ精神性発汗と言えます。

 

 

実を言うと私、緊張しやすい性格というのは、
今でも変わっていません。

 

30代後半だというのに、まだ肝っ玉が小さいのです。

 

 

それなのになぜ、今の私は脇汗がピタッと止まったのか?

 

なぜ車の運転をしても初対面の人と話しても、
脇の下はサラサラなのか?

 

私が克服した方法をトップページに詳しくまとめてありますので、
ぜひご覧ください。

 

緊張しいの管理人でも克服できた!
たった1つの冬のワキ汗対策方法とは?

 


 
トップページ