冬 ワキ汗 くさい

ただいま「デトランスα」は在庫切れとなってしまっているようです。アクセスしていただいたのに、申し訳ございません。

↓↓↓

販売再開しました!

デトランスαの詳細を見る

なぜ冬のワキ汗はくさいの?

 

ワキのニオイは、夏より冬の方がくさい!

 

冬のワキ汗臭は、なんとなく濃いような…

 

あなたはそんな風に感じたことはありませんか?
実は、これにはちゃんとした理由があるのです。

 

服を着込んでいる

寒い冬は、服を何枚も重ね着します。

 

また、冬服というのは一枚一枚が保温性能に優れていますが、
反面、通気性の悪いものがほとんど。

 

ということは、かいた汗が蒸発・発散しにくいということなんですね。
服の内側には湿気がたまり、いつも蒸れ蒸れ。

 

 

そんな状態は、雑菌にとって非常に居心地が良い状態。
ワキ汗を栄養分として、活動はより活発となり嫌なニオイを発生させます。

 

しかも、重ね着のせいでそのニオイまでこもり、どんどん凝縮されます。
それを鼻が感知すれば、くさく感じるのは当然でしょう。

 

夏はたしかに多くの汗をかきますが、服自体は通気性がよく薄着です。
そのため、ニオイも少しずつ発散されているんですね。

 

 

まわりに汗をかく人が減るので、相対的に目立つ

暑い夏はみんなが当たり前のように汗をかきます。
当然、たくさんの人のニオイがそこらじゅうに漂っています。

 

だから、多少自分が汗臭くても、まわりに埋もれてしまうわけです。

 

 

ところが寒い冬となると、
汗をたくさんかく人自体がまわりに少なくなります。

 

当然、全体的なニオイも減少しますよね。

 

そんな中で自分のワキ汗が臭ったら、
非常に目立ってしまうことになります。

 

まわりが下がることで、自分が浮き彫りになってしまうイメージですね。

 

まわりの人も突出したニオイはキャッチしやすいので、
「あの人、冬なのになんかくさい」となってしまうわけです。

 

 

乾燥による過剰皮脂の分泌

人間の肌というのは乾燥すると、
皮膚を守ろうとして余分な皮脂を分泌します。

 

休日に一歩も外に出ず、家でゴロゴロしてしまった日。
スキンケアを怠った顔がいつもよりテカってしまったことはありませんか?

 

化粧水などをつけなかったことで潤いが不足してしまったために、
皮膚自らが皮脂を分泌していたのです。

 

これは人間にもともと備わっている重要な機能なんですが、
条件が整ってしまうとニオイの原因となります。

 

 

基本的に、冬は空気が乾燥していますよね。
当然、人間の肌も敏感になり皮脂を分泌します。

 

最悪なのは、これに汗が加わったとき。
この状態というのは、もろに雑菌の温床となるわけです。

 

汗や皮脂、垢は雑菌にとってとびっきりの栄養素。
ガリガリ食べて嫌なニオイを発生させます。

 

ワキガ臭というのが、まさにこの雑菌が発生させたニオイなんですね。

 

これだけでも十分気持ち悪いですが、さらに上でお話した
服の重ね着などの条件も加わるため冬のワキ汗はくさくなるのです。

 

 

 

なんだかとっても恐ろしい話になってしまいましたが、
大丈夫。安心してください。

 

上に挙げた、”冬のワキ汗がくさい原因”。
これらはいずれも、汗さえかかなければ問題ないのです。

 

汗をかかない対策をすれば、
服を着込んでもいいし、好きなファッションも楽しめます。

 

まわりの目(鼻)を気にすることもなくなりますし、乾燥も怖くありません。

 

 

私はデトランスα一本ですべてを解決しています。

 

冬のワキ汗ニオイ対策については、
こちらでも詳しくお話していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

冬のワキ汗ニオイ対策の記事を読む

 


 
トップページ