冬 ワキ汗 ニオイ

ただいま「デトランスα」は在庫切れとなってしまっているようです。アクセスしていただいたのに、申し訳ございません。

↓↓↓

販売再開しました!

デトランスαの詳細を見る

「ねえ、なんか臭わない?」冬のワキ汗はニオイがキツい

 

寒い外を長時間歩いてきて、暖房の効いた屋内に入ったとたん、
急にワキ汗が出てきて困った経験はありませんか?

 

朝あわてて出勤しオフィスに着いたらワキ汗、
美容院のケープを巻かれたとたんワキ汗、
電車に駆け込み乗車して一息ついたらワキ汗…。

 

出てきたら困る、なんて思うと余計に出るんですよね、これが(汗)
しかも、冬のワキ汗って何となく臭いがキツいような…。

 

 

夏にくらべて冬は、服をたくさん着込みますよね。何枚も重ねて。
そのうえ、保温性・断熱性を重視しているため通気性も悪い。

 

だから、少しずつ拡散される夏と違って、
冬は臭いが中にこもりやすいんですね。

 

その臭いが服の中にずっと溜まりどんどん凝縮されるため、
いざ鼻が感知すると「クサッ!」となるわけです。

 

オフィスに着いて暑いからと上着を脱ぐ。
それは、臭いがパンパンにつまった風船を破裂させるようなものです。

 

 

また、夏は暑いですから多くの人が汗をかいていますよね?
そのため自分の臭いが、まわりに埋もれていることになります。

 

例えるなら、みんなが赤い服を着ている中で、
自分も赤い服を着ているような感じですね。

 

ところが、冬になると汗をかく人数が減るため、
相対的に自分の臭いが目立ってしまうわけです。

 

冬の電車で自分だけがワキの臭いを発していたら、
当然まわりの鼻は敏感に察知します。

 

しかも、閉ざされた空間で逃げられないというのが、
問題をより深刻にするんですよね。

 

一般的なワキのニオイ対策の落とし穴

ワキ汗の臭い対策としては、デオドラントスプレーを噴き付けたり、
汗ふきシートでこまめに拭き取るというのが一般的でしょう。

 

でも、ちょっと考えてみてください。

 

電車に乗ってから、汗ふきシートで脇が拭けるでしょうか?
他人が見てる前で、何枚も服を脱いで(汗)

 

しかも、すでに汗が出て臭っちゃってるんです。
普通はできないですよね。

 

 

また、多くのデオドラントスプレーというのは、
脇にパウダーを噴き付けているにすぎません。

 

ダラダラとワキ汗をかけばパウダーは流れてしまうので、
たとえ前もって噴き付けていても効果は一時的です。

 

勝手に暖房を切ることはできないうえ、その場から逃げることも不可能。
こんな状況下では、どんどんワキ汗が出てしまいます。

 

仕事での会議中、外回りの営業職、美容院でのパーマ中。
そんな状態で、汗ふきシートやスプレーを使うタイミングなんてないでしょう。

 

 

つまり、一番のニオイ対策は、
はじめから脇の下に汗をかかないこと
なんですね。

 

雑菌の栄養分となる汗がなければ、ニオイも発生しませんから。

 

汗腺にフタをして発汗を抑える

これを叶えてくれるのが、
当サイトでおすすめしている「デトランスα」です。

 

デトランスα
デトランスαの詳細を見る

 

 

デトランスαを夜に塗っておくことで、寝ている間に成分が汗腺へ浸透。
強力なフタをして、ワキ汗を抑えてくれます。

 

ワキガの原因である「アポクリン汗腺」にも作用するので、
単なる汗臭さだけでなくワキガ臭にも効果的。

 

 

また、デオドラントスプレーと違い”流れ落ちてしまう”ものではありません。
表面的な作用ではなく、内側の汗腺へと働くからです。

 

しかも、効果は数日間続きますから、
スプレーのように一時的ではないんですね。

 

 

だから・・・

  • 朝あわてて出勤してもワキはサラサラ
  • 美容院のケープを巻かれてもワキはサラサラ
  • 電車に駆け込み乗車してもワキはサラサラ

 

そして、汗が出ないということは雑菌の栄養分もありませんから、
当然ニオイも発生しません。

 

 

デトランスαを使えば、まわりに
「なんか臭わない?」とヒソヒソ話をされることもなくなります。

 

満員電車も美容院のケープも怖くなくなりますよ。

 

 


 
トップページ